レペゼン火星ブログ

初めまして。興味を持ったことに自分の見解を織り交ぜながら、日々発信します!

今住んでる家よりも狭い家に引っ越しを決めたサラリーマンの断捨離術

こんばんは。 明日引っ越しをする、カメッチです。

僕は都内で医療機器の営業をしている、社会人5年目のサラリーマンです。

現在、7.5畳のワンルームで一人暮らしをしていますが、明日、6畳の部屋に引っ越しをします。

周りの友人から、「荷物の整理するの大変じゃない?」と訊かれますが、全くそんなことはありません。

ベッドも無い、テレビも無い、にわかミニマリストである僕にとって、狭い部屋で満足のいく生活をすることなど、造作も無いのです。

2ヶ月使っていない物は、無くなっても困らない

僕はあまり物が増えないタイプの人間ですが、一般的に人は、月日の流れと共に持ち物が増えていく傾向にあります。

引っ越しをする・しない関係無く、物が溢れかえってしまう人が後を絶えないようです。

そんな方々に僕から一つお伝えできることがあります。

それは、人は自分が思っている以上に、物が無くなっても困らないということです。

服でも小物でも、「これ必要かな?」と、一瞬でも迷った瞬間に捨てることをおすすめします。

僕の友人には、「これには思い出があるから〜」とか、「昔すごくハマってて〜」と言って、物を捨てることに躊躇し、部屋が足の踏み場も無いほど散らかっている方がいます。

こういう人は引っ越しの時に絶対に苦労するだろうし、仮に全て持って引っ越しをしても、どうせ使うことなく物が増えていくだけです。

目安として、2ヶ月使ってないものは捨てても全く問題がありません。

引っ越しを検討されている方、物が捨てられなくて困っている方にとって、少しでも参考にして貰えたらと思います。

以上となります。